Healthy Food

生活習慣による糖化

糖を分解するインシュリンの分泌がスムーズでないと、余った糖が血液中に残り糖化の現象を引き起こしてしまいます。こうした糖化は日常の生活習慣によっても起こります。空腹時に甘いものを食べると急激に血糖値が上昇しますが、この時にインシュリンの分泌が追いつかないと余った糖が体内に留まり、一気に糖化が進んでしまうのです。従って、特に空腹時には血糖値を急激に上げない抗糖化作用のある食品をとることが大切になるのです。これには食べ方の順序も上げられ、上手に食べることで糖化をしないようにすることができますので実践してみることです。

糖化を引き起こさないためには、血糖値の急激な変動を避けるということが一つのポイントとなります。従って、食事の仕方や利用する食材を工夫することが必要になる訳です。現在では、抗糖化に役立つとされる食品がある程度分かってきています。グレープフルーツなどのかんきつ類やキャベツ、生姜などが例えば挙げられます。こういった食品を適宜利用して、食生活の中で抗糖化対策を行なっていくことがアンチエイジングや生活習慣病を予防するために必要となるのです。最近では、抗糖化に役立つサプリメントも多く発売されるようになっています。サプリメントには、どくだみやよもぎ、西洋のハーブなどが主にブレンドされているのです。このようなサプリメントを抗糖化対策の一環として利用する方も増えています。