Healthy Food

簡単な上に健康に痩せる

酵素ダイエットには好転反応がある

酵素ダイエットは酵素の原液を利用して行うダイエットのことです。 酵素の原液は市販で購入することも可能ですが、自分で作ることもできます。 また、酵素ダイエットをするときに気をつけなければいけないこともあるので、はじめに理解しておくことが大切です。 酵素ダイエットで酵素を摂取すると、好転反応といういろいろな症状が出てくることがあります。 たとえば、頭痛、吐き気、おなかがはるなどの軽いものから、くらくらとしためまいなども感じる人もいます。そのような症状が出たときには、身体がその摂取した酵素に反応しているのだという風に考えるといいです。ですが、あまりにもつらいときには一時的に酵素ダイエットを中止して、様子をみてまた再開するといいです。

断食で酵素を利用するときの注意点

酵素ダイエットは置き換えですることがありますが、そのようなときにはきちんと食事のバランスを考えながら行うことが大切です。 プチ断食と本格的な断食を行うものがありますが、それぞれ自分にあった方法で酵素ダイエットを行うようにしておきます。 週末にだけ行えるプチ断食は酵素を三日間かけて飲むというものですが、金曜日の夜あたりから食事に気をつけるようにして、少しずつ量を減らしていきます。 また、本格的に一週間ほどかけてダイエットするときには、酵素ダイエットのルールがあるので、それをきちんと確認して無理をしないようにしながら行うようにします。 また、ダイエットではなく、健康のために摂取するときには、食事のあとにお水か炭酸水などで好みの量まで伸ばして飲んでおくだけで、身体に不要なものを排出することができるので、元気になることができます。